お客さんの状態を知る、OATH(オース)の法則

僕がビジネスを勉強してきて

とても使えるな!と感じる概念を紹介。

「OATH(オース)の法則」

ご存知ですか?

ネットビジネスをやっている人や

広告に携わる仕事をしている人は

知っていると思います。

が、実店舗ビジネスをされている方だと

初耳って方も多いのではないでしょうか?

「OATH(オース)の法則」って

見込み客の状態を4つの段階に分けて、

どのようにアプローチしていくかを示したものなんですね。

OOblivious(無知)

AApathetict(無関心)

TThinking(考えている)

HHurting(苦痛の状態)

それぞれの頭文字をとって

OATH(オースの法則)

それでは、ひとつずつ簡単に解説していきます。

OOblivious(無知)

自分の問題点に気づいていない状態。

AApathetict(無関心)

問題点にはきづいているが、解決する気がない

TThinking(考えている)

解決する気はあるが、どうやって解決しようかと

考えている状態。

HHurting(苦痛の状態)

今すぐにでも問題を解決したい。

これを、僕が勤めるお土産屋さんの

「購入商品、発送サービス」の販促に

活かすとすれば、こんな感じ。

OOblivious(無知)

-重い荷物を持ち歩くの大変じゃないですか?

AApathetict(無関心)

-当店から荷物を送れば、身軽に旅行を満喫できます。

TThinking(考えている)

-送料は全国一律1300円。重さ・大きさ無制限!損害補償込み!

HHurting(苦痛の状態)

-発送サービスやってます。

伝える方法としては、

店内にPOPを貼ってもいいし、

対面接客で口頭で伝えてもいいと思います。

どちらにしても、

まずは、お客さんと接して

どの状態なのかを見極めてくださいね。

これができれば、

接客で多く喋らなくても、

お客さんが必要としている情報だけを

ピンポイントで提供することができます。

時間の節約にもなります。

いいことずくめ。

広告を打つときには、

すべての要素をいれれば、

多くの見込み客にリーチできます。

知っていて損はない概念です。

ネットで調べればより詳しい情報がたくさん

でてきますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?