ブルーオーシャンの探し方

ブルーオーシャン。

ビジネスをやっている人なら

誰もがあこがれる市場。

でも、今の成熟しきった世の中で

そんな都合のいい市場なんてないよ。。。

そんな声もよく聴きますが、

本当にそうでしょうか?

結論から言うとあるんです。

今日は、そのブルーオーシャンの

探し方をシェアします。

まず、ブルーオーシャンって

統計データーだけを見ている限り、

絶対見つからないんですよ。

だって、まだ誰もやっていない、

またはやっている人が極端に少ない

ってことはまだデーター化されていない

はずだから。

なので、

ブルーオーシャンを見つけようと

思ったら、その市場の

「お客様の声」に着目するしかないんです。

でも、お客様の声をどこで拾えるの?

って疑問がでて来ると思うので、

いくつか紹介しますね。

①既存のお客さんに、他に困りごとがないか聞く

例)今、実際に商売をされていてる人なら、

既存のお客さんにアンケートをとったり、

他に、悩みや困りごとはないか聞きましょう!

で、その悩みや困りごとをもった人が

どのくらいいるかを調査します。

複数のお客さんが共通して抱えている

問題であれば、商売になり得るので、

解決商品を作ってテスト販売してみましょう。

②市場のお客さんが集まる場所に出向きインタビューする

もし、まだ顧客がいないのであれば、

その市場のお客さんが集まりそうな場所に出向き

インタビューしてみることをおすすめします。

でも、そんな堅苦しい感じではなく、

仲良くなって飲みながら話すくらいでも

大丈夫だと思います。

肝は、その市場のお客さんの考えている

ことを把握することですので。

③ネット上で「お客様の声」を拾う(レビュー、アンケート)

リアルで人にあって聞くのが一番なのですが、

ネットからでも、調査することはできます。

例えば、

アパレル市場でブルーオーシャンを探すとき

まず、楽○やア○ゾンなどのECサイトで

人気商品のレビューを片っ端から読んでいきましょう。

すると、商品を購入したお客さんが、

なぜ、購入したのか?

どんな用途でつかうのか?

どこが不満だったのか?

など、いろいろ書いてくれているんです。

あと、どの年代の人が購入したのかも

見れるじゃないですか。

超便利なんです!

んで、お客さんの求めていることが

把握できたら、同じ商品の一部を改良して販売します。

同じ商品でなくても、

他の商品でお客さんが求めている価値を

提供できるのであればそれでも良いと思います。

とまぁ、3つ紹介しましたが、

肝は、お客様の暮らしを把握するって

ことです。

でも、お客様っていろいろなライフスタイル

の人がいるし、、、

って声も聞こえてきそうですので、

そこについてはまた近いうち記事に

しようと思います。

このブログをブックマークして

お待ちいただければ幸いです。