情報弱者は誇張表現に気をつけよう

自分が提供できる価値を見込み客に伝えるために

大げさに言い切ったり、効果を断言したりする発信者がいます。

それを鵜呑みにしてしまうと、

失敗することってありませんか?

それは、発信者が嘘つきとかそういうことではなくて、あなたに向けたメッセージではないからだと思うんですよね。

つまり、ターゲットを絞った発信をしているから

それに当てはまらない人もでてくるということ。

だから、情報をうけとるときは、

発信者が誰に向けてメッセージを放っているか?

を調査することが大切。

セールスレターだけをみて判断するのではなく、

ブログやメルマガで過去の記事からよんで

発信者が今どういうことをしたいのか?を汲み取るんです。

そうすると、発信者のメッセージが自分に当てはまるのか、当てはまらないのかがわかります。

過激な表現に影響をうけることなく冷静に判断しましょう。

あと、おすすめなのが、

経営の原理原則を学ぶことです。

「こうやったら、こうなる」

といった事実をベースにしている情報から先に学ぶ

と誇大表現に惑わされることもなく、

今、自分が持っている資源をその原理に落とし込めば、自分用にカスタマイズされた成功方法が生み出せると思います。

僕も今それを実践中です。

一緒に学びながら頑張っていきましょうね。

情報弱者は誇張表現に気をつけろ

自分が提供できる価値を見込み客に伝えるために

大げさに言い切ったり、効果を断言したりする発信者がいます。

それを鵜呑みにしてしまうと、

失敗することってありませんか?

それは、発信者が嘘つきとかそういうことではなくて、あなたに向けたメッセージではないからだと思うんですよね。

つまり、ターゲットを絞った発信をしているから

それに当てはまらない人もでてくるということ。

だから、情報をうけとるときは、

発信者が誰に向けてメッセージを放っているか?

を調査することが大切。

セールスレターだけをみて判断するのではなく、

ブログやメルマガで過去の記事からよんで

発信者が今どういうことをしたいのか?を汲み取るんです。

そうすると、発信者のメッセージが自分に当てはまるのか、当てはまらないのかがわかります。

過激な表現に影響をうけることなく冷静に判断しましょう。

あと、おすすめなのが、

経営の原理原則を学ぶことです。

「こうやったら、こうなる」

といった事実をベースにしている情報から先に学ぶ

と誇大表現に惑わされることもなく、

今、自分が持っている資源をその原理に落とし込めば、自分用にカスタマイズされた成功方法が生み出せると思います。

僕も今それを実践中です。

一緒に学びながら頑張っていきましょうね。