最近のコインランドリーが進化していておもしろい

梅雨が明けが待ち遠しいめどんです。

この時期は洗濯物が乾きづらくて

困りますね。

洗濯するたびにコインランドリーに

いっては乾燥機をぶん回わしているわけですが、

これが面倒くさいんですよね。

45リットルのでっかいゴミ袋に

濡れた衣類ぶち込んで、コインランドリーまで

せっせと運ぶのですが、重いんですよ。

それに、毎回30分ほど回すから

乾かすだけで300円もかかる。

それでも、部屋干しして

生乾き状態になるよりはマシ。

生乾きだけはもう絶対許せない。

前に、仕事の制服を生乾きのまま

着ていったことがあるんですよね。

着るときは、まぁセーフかなー

なんてのんきに考えていたら、

いざ、仕事が始まり数時間が経過すると

とてつもなくかび臭くなるんですよ。

とくに、襟がやばい。

鼻との距離が近いから、もう無視できない。

自分だけだったら、なんとか我慢できる

っていうかするしかないんだけど、

周りに迷惑なんじゃないっかって

考えだしたら、仕事どころじゃなくなるよね。

とまぁ生乾きはだけは阻止したく

毎回、通うわけなんですが、

先日、とあるコインランドリーにいくと

超感動しちゃったんですよ!

前置き長くなりましたが、ここからが本題。

少し大型のコインランドリー。

毛布が洗えるハイテク洗濯機が設置されているのにも感動したのですが、何よりもサービスが細かいところまで

行き届いている。

まずね、Wi-Fi。

まっている時間って退屈じゃん。

これは当たり前になってきているけど、

近場のお店にないからまぁ助かる。

んで、両替機。

乾燥機の前で財布開くと、100円玉が一枚も

入ってなくて焦ることがよくある。

んで、近くの自販機でしゃーなしに

ジュース買って両替するのがいつものパターン。

まじもったない。

なんで、両替機も助かります。

なんで今までなかったんだ?って思う。

次は、カートね。

スーパーのカートをでっかくしたやつ。

この上に濡れて重くなった衣類をのせるのですが、

すごい楽ちん。コインランドリーのお客さんって

多くが女性なので、ちゃんとニーズを捉えたサービス。

まだまだあります。

洗剤、漂白剤、柔軟剤が設置されていて、

利用が無料。わざわざ、持ち歩く人って

いないから、ちゃんと考えてくれてる。

他にも使用方法の案内が

ちゃんと英語で表記されていたりと

インバウンド客への配慮も行き届いている。

最後に

これだけのサービスで採算が取れているのか

気になったのですが、店内で発見しました。

LINE@、Facebookへ誘導するPOP。

マーケティングもしっかりやってました。

さすが!

僕は登録しなかったのですが、

おそらく、そこで自社の他の商品、サービスを

案内したり、企業の広告塔になったりするのかなーって勝手に感心していました。

他にも店内でゆったりとした洋楽のBGMを流していたのが特徴的でした。

まとめ。

コインランドリーといった

どこにでもあるビジネス。

客目線も持った人が参入するだけで

ここまで変わるのかって感動した。

オフラインビジネスでは

こういうおいしい市場がまだまだ

あるんだろうなって考えるだけでワクワクする。

日常をビジネス視点でみるだけで、

新しい発見があって面白いと感じる今日このごろでした。