美容室の定額サービスから 学ぶお客さん目線の重要性。

このまえ、ネットサーフィンしているときに

とある、サービスに関する記事に目が止まりました。

株式会社Jocyが提供する「MEZON」というサービス。

ご存知ですか?

美容室のシャンプー・ブロー、アイロンセットなどの

サブメニューが月額定額で利用できるサービスなんです。

この記事をみて、

おお!今流行りのサブスクリプション(定額制モデル)が

リアルビジネスにも浸透してきたかーって、少し興奮しました。

勉強で先取りした、ビジネスの情報を

リアルで実感できたときなんだか嬉しくなりますよね。

さっそく、詳細が知りたくなり、

いろいろ調べてみたところ、

「な、なんて素敵なサービス。

てか、経営者の考えがめっちゃ好き!」

一瞬で、虜。

なにが好きかというと、

「とことん、お客さん(ユーザー)目線だというところ」

例えば、

サービスの価値を伝える際に、

「私達が提供するのは ”自信” です」

と語っているんですね。

つまり、美容室でキレイにしてもらうことで、

自信に繋がるということ。

「自信」が必要な場面っていろいろありますね。

プレゼン、会食、デートなど。

お客さんの暮らしをしっかり、

把握しているからこそ

「私達が提供するのは ”自信” です」

っていう言葉がでてくるわけです。

これを専門用語でいうと、「ベネフィット」

っていいます。

ようするに、商品がお客様に 「価値」 を与えているか?

って視点。

実際、まわりいる経営者の人で、

この視点をもっている人ってあまりいないです。

世の中の中小企業や個人の経営者に、

「あなたの会社は何を提供していますか?」

って問いかけても、

でてくる答えって商品や、商品の特徴だと思うんですよね。

自分たちのことにしか興味がない。。。

だから、こういう経営者をみると尊敬するんですよ。

他にも

通い放題サービスにおける、お客様の心理的負担、

「あまり多く通うと、お店に悪い」

「恥ずかし」

という部分を解消するために

個々の店舗だけで実施するのではなく

加盟店舗ならどこでも同じサービスを

利用できるようにしています。

さすがです。

お客様目線ってこのことだなーすごい感心しました。

そりゃ、流行るよねって感じです。

会員数も1年で4000人を突破しています。

提携店舗も一年前は40店舗だったのが、

最近の記事には150店舗以上と書かれていました。

ユーザーだけではなく、美容室にも支持されています。

そりゃそうですよね。

シャンプー・ブロー、ヘアケアって

カットよりも頻繁に行うことですよね。

なので、メゾンと提携して

お客さんの来店頻度を上げることで

固定化につなげることができるわけです。

いやー、素晴らし!

お客さんを知ろうとする精神も、

ビジネスモデル的にもすごく学べる。

こういうサービスを発見するたびに

「お客様目線って重要だよなー」って再認識させられるし、

自分のビジネスは大丈夫か?

って立ち止まって考えるいい機会になる。

とまぁ、長々と語ってしまいましたが、

これからも「MEZON」からは目が離せないですね。

メンズ向けのサービスも提供する予定みたいですし。

気になる方は、「MEZON」をチェックしてみては

いかがでしょうか?

では、このへんで!