ドラマ『家を売るオンナ』から学ぶお客様目線。

「私に売れない家はありません!!!」

このセリフ、今話題のドラマ「家を売る女」

で北川景子さん演じる  天才不動産屋、” 三軒家万智 ”

の口癖です。

最近、HULUでこのドラマを観るのが毎週の

楽しみになっているんです。

北川景子さんの可愛さもさることながら、

他にも魅力があるんです。

というのは、商売の道を志す者にとって、

心打たれる言葉や、気付きになる言葉が

頻繁にでてきて勉強になるからなんです。

主人公の三軒家万智は、

他の人が売れないような、訳あり物件でも

難なく売ることができます。

多少、強引な売り込みであるのですが、

最終的にお客様に感謝してもらえる。

これって、商売をしている人にとって、

喉から手が出るほど、ほしいスキルでは

ないでしょうか?

僕も、なんとしてでも手に入れたい

スキルの一つです。

これを習得すれば、

より多くのお客さんに商品をかってもらい

さらに、感謝までされる。

こんな、幸せなことないですよ。

じゃ、具体的にどのセリフが、

勉強になったのかを紹介しますね。

「不動産屋なら、お客様にとって変わりの

きかないものはなにか?それを見極めろ!

それが見極められなければ家は売れない!」

これは、

” 女手一つで育ててくれた母と一緒に暮らす家 ”

を探している娘に家を売ったときの、三軒家万智の名ゼリフ。

娘は、母と一緒に暮らしたい。

しかし、母は「娘の世話にはなりたくない」と頑なに拒みます。

表面的には母親が娘のことを思いやって、拒否しているよう見えます。

でも、本音は長いあいだ築いてきた、ご近所さんとの繋がりがきれる心配をしていたのです。

それを、三軒家万智が見極めて、

引っ越しても2軒先なので、今までの暮らしとなにも変わらない。

ということを説明し、母親を説得します。

んで、無事に家を売ること成功したという内容。

このセリフを聞いたときはマジしびれました。

三軒家万智の淡々としながらも、

強く自信に満ち溢れた口調が

またいいんですよ!

自分が説教食らってるみたいで

考えさせられる(笑)

まぁ、それは置いといて。

ビジネスを勉強してたら、

”お客さんについてのリサーチ”を学ぶ機会があると思うんですね。

・お客さんの期待と不安はなにか?

・お客さんはどんな価値観をもっているのか?

など。

三軒家万智が言っていることも、

まさにこのことじゃないですか?

・母の不安に思っていることはなにか

・母の価値観とはどんなものか

それがわからないと家は売れない。

お客さん目線になることの大切さを教えてくれます。

「ビジネスの勉強をはじめたが、お客さん目線が腑に落ちない」

そんな人は、このドラマを観ることをおすすめします。

↓↓↓    Huluでご視聴いただけます  

Hulu