『その商品、誰用ですか?』お土産屋がPOPを書く際に意識すること。

こんにちは。学ぶお土産屋さんMEDON(めどん)です。

前回の記事では反応のとれるPOPの書き方を話しました。

読んでない方はコチラから⇒『反応の良いPOPの書き方

 

今回は、『その商品、誰用ですか?』というお話。

これが分かると、

「あれ、ターゲットを意識してPOPを書いたのに反応がない・・・」

という事態を未然に防ぐ事ができます。

 

それでは早速。

 

そもそも、お土産屋の商品って多くの場合、

買ったその人が消費する訳ではないですよね。

渡す相手が必ずいます。

 

例えば、

・家族・親戚

・職場の人

・友達

などなど。

 

ということは、買うその人に

商品の特徴や、特徴から得られるメリットを

訴求してもあまり響かないんですよ。

 

買う人の頭の中は、

・何個入っているんだろう?

・日持ちするのかな?

・何が人気なんだろう?

・個包装されているのかな?

っていう疑問が渦巻いているんです。

 

だから、その疑問の答えをPOPに書いたほうが

POPの反応は高まります。

 

もちろん、買った人自身が消費する場合は

前記事の『反応の良いPOPの書き方

のようなPOPでもちゃんと反応はとれます。

 

なので、POPを書く際は一度

この商品は誰用なんだろう?と考えてみてください。

すると、どんなPOPを書けばいいかが見えてくると

思います。

 

是非、試してみてくださいね。