お土産屋さんが売上を伸ばしたいなら入り口に〇〇商品をおけ!

どうも、MEDONです。

先日、僕が努めているお土産屋で

「そろそろ、店内のレイアウトを変えようか」

という話がでました。

 

どうやら最近、売上が落ちているらしく

たまたま店舗を訪れたお偉いさんに

「売上が下がっているのに、売り場も変えずになにやっているんだ」

とどやされた模様。

 

それで、社員がしぶしぶ重い腰をあげ

なんかいいアイディアはないかと言って

アルバイトや派遣の僕にも

「売り場のレイアウト案を書いて欲しい」

といって紙切れを渡してきました。

 

普段からマーケティングの知識を

職場に当てはめて妄想しまくっているので

10分程度でレイアウト図を書き終えて、

「なぜ、この配置なのか」という根拠も添えて提出。

 

数日後、僕の意見も多く取り入れられたレイアウト図が完成し

男性従業員が総出で棚の移動をしました。

 

すると、翌日からすぐに効果が現れました。

 

明らかに入店するお客さんの数が増え、売上も昨年対比で10%ほど上昇。

 

そこで僕は確信しました。

「フロントエンドとバックエンド」って実店舗でも使えるなって。

 

「フロントエンドとバックエンド」については、この記事が分かりやすいので

引用させてもらいます。

「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」とは?

フロントエンド商品とは、「集客商品」で、バックエンド商品は「本命商品」です。買ってもらいやすい、集客商品を一度買ってもらい、価値を感じてもらった後に、利幅の大きい本命商品を紹介し買ってもらう、というマーケティング手法です。
有名な例としては、居酒屋のランチがフロントエンド商品で、夜の飲み会はバックエンド商品、という関係です。(LISKUL/フロントエンド商品とバックエンド商品|具体例と活用法

 

具体的にどういう風に応用したかというと、

お店の入り口付近を「低単価」かつ「認知度の高い」商品で固めたんです。

すると、お店の前を通る人の食いつきがよくなり入店数がアップ。

 

それにともなって売上もあがったということです。

この話はもっと掘り下げることができるので、

近いうちに書く予定です。

 

お土産屋さんに限らず、実店舗の小売店なら

多くのお店が同じような効果を得られると思います。

是非試してみてはいかがでしょうか!