売上の公式を知れば、やるべき施策がわかる。

どうも、学ぶお土産屋さんMEDONN(めどん)です。

今日は、『売上の公式』について書きます。

これを知っていると、売上が伸ばすためにどこに力を入れれば

いいかがわかるようになります。

ではさっそく。

 

売上=①入店人数 ✕② 購入率 ✕③ 客単価

 

これです。説明すると、

 

①入店人数 ⇒ お店に訪れたお客さんの数

②購入率 ⇒ ①のうち購入した人数の割合

③客単価 ⇒ 購入客の一人あたりの買上金額(平均)

となります。

 

これさえ知っていれば、

「最近売上が下がってきたな〜」ってなったときに、

どの部分に原因があるのかを突き止めて

適切な対応がとれるんです。

 

例えば、

入店人数が減っている場合は、入り口付近に魅力的な商品を置いて

入店を促します。

購入率が下がっているのであれば、接客をしたり、POPを書いたりして

購入を促します。

客単価が下がっている場合は、〇〇円以上買うと△△をプレゼント!または、

発送料無料など、なんらかの特典を付けて購入点数をあげます。

 

「なーんだよ、そんなのやってるよ!」

っておもうかもしれませんが、

「売上が下がっている要因」と「対策」が

マッチしていないことが多いと感じます。

 

先日、僕が働いているお土産屋さんでも

「最近売上がさがているから、接客をもっと頑張ろう!」

みたいな雰囲気になっていたんですね。

 

でも、原因って明らかに「入店人数が少ない」ことなんですよ。

だから、本当なら入店を促す施策をとらなければ

ならないはずなんです。

 

それを売上の公式を知らないばかりに、

不適切な対策になってしまっているんです。

 

実店舗ビジネスの場合は入店人数を計測するのは

ちょっとむずかしいですが、そのへんは感覚でも

わかると思うので是非意識してみて欲しいなと思います。