接客販売における、声出しの本当の意味。

いらっしゃいませー!!!!

の声出しがあるじゃないですか?

接客業なら誰しも一度は発したことのあるセリフ。

最近、これほんとに大事だなーって思うんですよね。

 

接客の仕事を始めたら、上司や先輩から

「大きく声出しして、お店の雰囲気が明るくなることで

売上も伸びるんだぞ!」みたいなこと言われた方も多いと思います。

 

僕も、しょっちゅう言われていたのですが、

正直、声出しと売上は関係ないと思っていたんですね。

お店の雰囲気が明るくなっとしてもお客様が商品を

買うかどうかには影響ないだろうと。

 

ところがですね、最近は手のひら返したように

声出し推奨派になりましてですね、、、

というのもあることに気づいちゃったからなんです。

 

「なるほどー!!!これが声出しで売上が上がるメカニズムかー!!!」

 

って、テンション上がったんですよ。

 

そのメカニズムってのが、

声出ししていると、していない時にくらべて

お客様に話しかけられる回数が確実に増えるんですよ。

 

接客の回数が増えれば当然、お客様の商品購入率や

客単価がアップするので、売上が伸びるというわけです。

 

 声出し→ 明るくなる→ 売上アップ

ではなく、

声出し→ 接客回数アップ→ 売上アップ

が正解じゃないか?というのが僕の考えです。

 

この仮設を立ててから、実験もしてみたんですね。

一日、声をだす日と出さない日を決めてお客さんの

反応が変わるかどうか。

 

やっぱりこのメカニズムが成り立ってるとしか

思えない!

 

気になる方は是非試してみてはいかがでしょうか?

新人教育の際も

声出し→ 接客回数アップ→ 売上アップ

のほうが納得するかもしれないですよ(^^)

 

では。