インターネットビジネスのスキルを磨くために、最初にやるべき訓練とは?

こんにちは、めどんです。

今回はビジネスをするにあたって、初心者が最初にやらないといけないこと、身につけておかなければならない事をお伝えしたいと思います。この内容を掘り下げている情報発信者は少ないと思うのでレアだと自負しています。

結論から言うと「商品を商品として捉えるのではなく価値として捉える」ということです。これは専門用語で言うとベネフィットと言います。

ベネフィットとは、商品から得られるお客様にとっての価値です。商品を買うことでどういう悩みが解決されるのか?どういう欲求を満たせるのか?ということ。

これを無意識レベルでできるようにならなければビジネスでお金を稼ぐということは難しくなります。逆にこれを無意識レベルでできるようになるとビジネスを学ぶ上での理解もめちゃくちゃ速くなると思っています。

サラリーマンと自営業者の違いが何かと言ったらこれが一番大きな違いだと思っています。

僕の考えでは、最初にこれをやるべきだと思っています。

では具体的にこのスキルをどうやって身につけるのか?というトレーニング方法を紹介したいと思います。これは実際に僕がやってきたことです。

今サラリーマンをされていてなかなか学ぶ時間が取れないよ!という方にとっても、実践しやすい内容となっております。

まず会社で扱っている商品で練習してみてください。

僕は以前ハンドメイドの資材を扱う会社で働いていました。

ですのでアクセサリーのパーツなどを見てこれを買っているのはどんな人だろう?
なぜこのパーツを買ったんだろう?
その人にとってどういう価値があるんだろう?

ということをひたすら考えていました。
目に入る全ての商品でこれをやっていました。

またプライベートでも外出するたびに行く先々で目にする商品に対して、

これは誰がどんな理由で買っているんだろうか?
その人にとってどんな価値があるのか?
この商品を手に入れることで何を満たそうとしているのか?

という質問をずっと自分に投げかけていくようにしました。

最初はなかなか慣れないとは思うんですが、やっていくうちにそれが当たり前になってくるんですね。

これを数ヶ月でもやれば脳みそに思考回路ができてくるのでストレスなく商品の価値にフォーカスして考えられるようになりました。

この思考回路が定着してくるとどういうことが起こるのか?

ビジネスをやる上でどういう風に役立つのかということを説明します。

例えば商品を販売する時に特徴の説明ばかりではなくその商品を手にしたお客様の幸せな未来を描いてあげられるようになります。これができるようになるとお客様は商品に対して価値を感じやすくなり、集客すれば人が興味を持ってくれるし、セールスをすれば購入してもらいやすくなります。

インターネットでビジネスをする上で『言葉』が一番大事と言われている理由はここにあります。

商品開発でお客さんへのメッセージを作ったり、メッセージを分かりやすく伝え価値観を共有したり、商品を買うという行動をとってもらう際に絶対に無くてはならないものだからです。

物を売ろうが情報を売ろうが全てに共通することです。

ですので商品を商品ととらえるのではなく価値として捉える訓練は、ビジネスを学ぶ上で最初にやってほしいと僕は思っています。

是非試してみてくださいね(^^)
質問などあれば回答しますのでお気軽にコメントしてください。