相手がただちに行動を起こさずにはいられないようにする。

ダイレクトレスポンスマーケティングのルールに

「相手がただちに行動を起こさずにはいられないようにする」

というものがある。

つまり、広告を目にした人がどうしても
申し込みしたくなるような仕掛けをつくろう!というものです。


世の中の広告のほとんどが、
「オファーのない広告」ということを以前の記事でお伝えしましたが、


今回はオファーのある広告でもそれが弱すぎる、
または見込み客に対してミスマッチになってしまっている
という内容でお伝えてしたいと思います。



僕もビジネスを学び始めてから、身の回りにある広告物にも

意識がむくようになったんですね

すると、

世の中のほとんどの広告は、オファーが弱いことに気づきました。


申し込みしてくれたら、〇〇をプレゼント!
今購入してくれたら、もう一個プレゼント。



の内容がどれも


「いや~、今はいらないかな~」
「いや~、オレには必要ないかな~」


ってなってしまうようなものばかりなんです。


つまり、企業が損をしないオファーになっていて、
見込み客がほんとに喜ぶオファーになっていない。


言い換えれば、全然お得になっていない!
ってことなんです。


これ、本当にリサーチしたのかな?
俺みたいな属性の人たちが興味ある特典なのかな?
って疑問に感じるオファーばかり。

だから、ただちに行動したくならないんですよね。。。


本当に見込み客に行動を起こさせたいなら、
たとえ、企業が損をしたとしても見込み客にお得感を
与えなければなりません。


そういうと、
「え~、赤字になってしまったらどうするん?」
って声が聞こえてきそうなので、少しヒントを。


集まった見込み客が、継続して購入してくれるような仕組みを作る!


これを意識してみてください。
詳細は割愛しますが、また別の機会にでも記事にしたいと思います。


ではこの辺で。