集中力を発動するには能動的なルーティンを行えばいい。

今日は台風で仕事が休みなった。
早朝の仕事は、出勤途中で連絡が来た。

突風が吹き荒れる中、職場までいくところだった。

もうちょい早く連絡してほしい。

午後の仕事も休みの連絡がきた。

早い時間の連絡だったので自宅から出ずにすんだ。


丸一日の休みが確定した時点で

なんだかいろいろなことをやれそうな気がした。

が、

そのまえに、「少しくらいダラダラしてもいいだろう」

とyoutubeみたり、Twitterいじったりすると、

一日が無駄に過ごしてしまうのがいつものパターン。

やっぱ、受け身の行動をとってしまうと、
一日その状態から抜け出せないことが多い。


なので、ここで行動を変えて、

すぐ作業に取り掛かってみる。

作業の内容はなんでもいい。

「なにからやろうかな~」

なんて考えてるうちに

またダラダラ病が再発するかもしれないからだ。


とりあえず、PCのメモ帳を開き

文章を書き殴ってみる。


すると、だんだん集中力が高まり、

作業モードに入っていることに気づく。



重い腰がなかなか上がらないなぁ、、、



と感じたときは、取り掛かる前にルーティーンを

決めるといいってよく聞くけど、その通りかもしれない。


ルーティーンはなんでもいい。

文章を書くでも、片付けをするでも、絵を書くでも。


ただ、受動的な行動はNG。

上記のような能動的な行動をするよう心がけるようにしたい。